主旨

中国湖南省龍山県里耶鎮で戦国時代から漢代にかけて使用された都城遺跡が発掘され、そこから秦の行政文書を中心とする簡牘史料(総計38,000余簡)が発見されたのは、2002年のことであった。簡牘には始皇帝(秦王政)25年(前222)から二世皇帝2年(前208年)までの紀年が現れる。里耶鎮は湖南・湖北・重慶市が接する境界付近の、険しい山間部に位置するが、始皇帝による東方六国の征服(前221)の後、この山深い離郷にも郡県制の網の目が及び、秦帝国の統治下に組み入れられたことを物語る。本研究班は、この貴重な史料を会読形式で精読し、中国古代帝国の統治制度やその実際のありように迫ることを、主な目的とする。

これと併せて、岳麓書院所蔵簡の会読も進めている。こちらの史料は、2003年に湖南大学岳麓書院が香港において購入した盗掘簡である。すでに4部の報告書が出版され、第4部の報告書には律令条文が収録されている。この法律史料を併せて精読し、如上の目的を達成する一助としたい。

本研究班の研究期間は2016~2021年度である。岳麓簡会読の成果としては、訳注を『東方学報』誌上に順次発表してゆく予定であり、同時に会読のなかで得られた知見を「研究箚記」として本HPに公開する。

新着情報

2017年3月29日研究班日程に4月からの予定を、研究箚記に新資料を掲載しました。
2017年2月27日班員専用ページ(その他資料(1))に新資料を掲載しました。
2016年12月2日ホームページを公開しました。